山形市 内科 橘医院 | 消化器内科

どのような病気を診るの?

消化器内科

 胃・腸・肝臓など、食べ物の消化に関するところを診る内科です。これらの病気でみられる自覚症状は、食欲低下、腹痛、食べ物がつかえる感じ、下痢などがあります。黒い便が出た時も要注意です。


自覚症状から考えられる病気

食欲低下
 胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃癌、肝炎などが考えられます。

 

胸焼け
 逆流性食道炎の可能性があります。

 

腹痛
 便秘、胃・十二指腸潰瘍、虫垂炎(いわゆる盲腸)など、多くの病気を考える必要があります。また、急性心筋梗塞などの循環器疾患の可能性もあります。

 

黒い便・血便
 胃や腸から出血している可能性があります。

 

だるさ
 慢性肝炎などの可能性があります。

代表的な病気

胃・十二指腸潰瘍

 胃や十二指腸(胃と小腸の間の部分)の表面がただれ、深くえぐれた状態となる病気です。最近ピロリ菌との関係が明らかになってきました。

胃がん、大腸がん

 胃、大腸にできるがんです。以前はバリウム検査で大きな癌を見つけることが検査の主流でしたが、今は内視鏡で早期の癌を見つけることが主流です。

逆流性食道炎

 強い酸である胃酸が、胃の入口を超えて食道に逆流した結果、食道下部がただれる病気です。

脂肪肝、慢性肝炎、肝硬変、肝臓がん

 肝臓に脂肪がたまると脂肪肝、腫れると慢性肝炎、進行して硬くなると肝硬変となります。肝硬変になってしまうと、肝臓がんが多く見られるようになります。B型・C型肝炎ウイルスを調べる必要があります。

 

 また、お酒や肥満による脂肪肝・慢性肝炎も、肝硬変や肝臓がんになる可能性があるため、甘く見てはいけない病気です。