ピロリ菌とはなんですか?|橘医院(山形市・内科)

ピロリ菌とはなにですか?

 

ピロリ菌は胃の中にいて、様々な病気の原因となります。ピロリ除菌により、胃癌や胃潰瘍・十二指腸潰瘍を減らすことが出来ます

 

ピロリ菌はどのように感染するのですか?

ピロリ菌とはなにですか?

 

5歳以下の子供で、ピロリ菌が口から入って感染します。大人にピロリ菌が入っても、急性胃炎は起こしますが排泄され、持続感染はしないと言われています。

 

昔は衛生状態が良くなかったため、ピロリ菌が多い井戸水などにより口の中に入り、感染したと考えられています。今は水道水も発達し、感染者が激減しました。

 

グラフの通り、今の若年者では、ピロリ菌感染者は非常に少なくなっています

 

ピロリ菌とはなにですか?

 

厚生労働省:ヘリコバクター・ピロリ除菌の保険適用による胃がん減少効果の検証について

 

夫婦や恋人間のキスや、コップの回しのみでは感染しないと考えられます。しかし乳幼児にお母さんが咀嚼(そしゃく)した食べ物を与える事は、避けることが必要でしょう


ピロリ菌はどのような病気を起こすのですか?

ピロリ菌とはなにですか?

 

 

ピロリ菌により胃の表面は荒れて、慢性胃炎となります。さらに以下のような病気を引き起こす場合があります。

 

1)胃潰瘍・十二指腸潰瘍
2)胃がん
3)ある種のリンパ腫
4)胃ポリープ
5)特発性血小板減少症

 

ただ、このような病気にならずに一生を終えるヒトもいます。

 

ピロリ菌を除菌したのに胃の調子が良くありません

 

ピロリ菌とはなにですか?

 

除菌を行うと胃の粘膜が元気になり、以前より胃酸が多く出るようになります。そのため胃酸が逆流して起こる逆流性食道炎や、胃酸が多いことによる胃の不快感がみられることがあります。

 

多くは一時的なものですが、症状が続くときにはクリニックで相談してください


ピロリ菌の検査を行うとき、どうして胃カメラが必要なのですか?

ピロリ菌とはなにですか?

 

ピロリ菌がいる人には、胃がんが多くなります。胃バリウム検査で異常がなくとも、早期胃がんの可能性もあるため、胃カメラで確認する必要があります

 

胃カメラで胃を直接みることで、胃粘膜の荒れ具合も確認できます。

 

胃カメラについては、こちらをご覧ください。
→消化器内科

 

ピロリ菌の検査にはどのようなモノがありますか?

 

ピロリ菌とはなにですか?

 

当院では血液検査と尿素呼気試験を行っています。

 

血液検査は、ピロリ菌がいるかどうかをみる項目と、胃の粘膜の荒れ具合をみる項目の、2つがあります。

 

尿素呼気試験とは、吐いた息でピロリ菌を調べるものです。最も精度が高いため、除菌判定に用います。

 

その他、尿や便を使っての検査、胃の一部を取ってきて行う検査、顕微鏡で確認する検査などもあります。


ピロリ菌の治療について教えてください

ピロリ菌とはなにですか?

 

飲み薬を1週間、内服します。中身は、胃酸を抑えるクスリが1種類、抗菌薬が2種類です。

 

成功率は90%以上と、以前より格段に良くなっています

 

除菌後はピロリ菌を退治できたか、判定のための検査が必要です

 

除菌薬の副作用として、下痢、口内炎による味覚障害、薬剤によるアレルギー反応、等があります。下痢を軽減するため、整腸剤も一緒に飲んでもらう事もあります。

 

どうして除菌判定はすぐにやらないのでしょう

 

ピロリ菌とはなにですか?

 

除菌後すぐは、ピロリ菌がいても間違って「陰性」と出ることがあります(偽陰性)

 

そのため除菌終了2ヶ月後を目安に、除菌判定を行います。なお、判定の前にある種の胃薬や抗生剤を飲むと、やはり偽陰性となることがあります。主治医と相談して下さい。


ABC検査とはなんですか

ピロリ菌とはなにですか?

 

ピロリ菌の血液検査です。ピロリ菌抗体価とペプシノゲンという2種類の検査を組み合わせて、

 

1)ピロリ菌がいるかどうか
2)胃粘膜がどの程度荒れているか

 

を判定します。

 

結果はA〜Dまで4種類に分かれます。結果の解釈については専門的になるので、クリニックで相談してください。

 

ヨーグルトはピロリ菌に有効ですか?

 

ピロリ菌とはなにですか?

 

さまざまなメディアで、ヨーグルトがピロリ菌に「有効」と報道されています。

 

実際一部のヨーグルトでは
1)胃粘膜の炎症が軽くなる

 

2)除菌効果が高くなる

 

3)ピロリ菌の数が抑えられる

 

という事が確認されています。

 

しかし、ピロリ菌によって起こる、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胃がんを明確に抑えた、というデータはありません。一方、飲み薬で除菌が成功すると、これらの病気は明らかに減少します

 

除菌についても、今の薬は90%以上の高い効果があるため、ヨーグルトの併用は不要です


ピロリ菌を除菌しても、どうして胃の検査を毎年行わなければならないのですか?

ピロリ菌とはなにですか?

 

ピロリ菌を除菌すると、胃がん発生率が30%減ります。しかしゼロにはならないため、除菌後も毎年胃の検査を行う必要があります

 

今は早期胃がんであれば、内視鏡で治療できる可能性が高くなります。是非毎年、胃の検査、出来れば胃カメラを受けて下さい