脳卒中と救急車の呼び方|橘医院(山形市・内科)

脳卒中と救急車の呼び方

 

脳卒中はまだまだ日本で多く、寝たきりになる病気の第一位、死亡原因の第三位です。脳卒中になると後遺症のため、日常生活で不自由を感じるようになり、家族の負担が増加します。また認知症になるリスクも高まります。

 

 

脳卒中の種類

 

1)脳梗塞
動脈硬化により、脳の血管がつまる病気です。脳卒中の中では最も多く、全体の75%を占めます。

 

2)脳内出血
血管が破れ、脳の中に出血する病気です。

 

3)くも膜下出血
脳の外側にある「くも膜」の下の血管が破れ、出血する病気です。「バットで頭が殴られたような」頭痛が特徴ですが、ごく軽い頭痛のこともあります。40−50歳代といった、若い人でも起こることがあります。

 

脳卒中と救急車の呼び方

 

4)一過性脳虚血発作
一時的に脳の血管が詰まり、麻痺などが出ますが、すぐに消失する病気です。脳梗塞の前兆ですので、脳卒中と同じ対応が必要です。


脳卒中の症状

脳卒中と救急車の呼び方

1)麻痺
左右どちらかの手足が、動かなくなります

 

2)呂律が回らない
口が動かしづらくなるため、上手く話せなくなります。また、よだれが口の脇からたれてくることもあります。

 

脳卒中と救急車の呼び方

 

3) 頭痛
今までにないくらいひどい頭痛なら、くも膜下出血の可能性があります。

 

4)気を失う
意識がなくなったり、急にいびきをかいて、寝てしまったように見えることもあります

 

脳卒中の治療

 なるべく早く(3時間以内)クスリでつまった血管を通したり、脳の状態を悪くしないようにクスリを使ったりします。脳出血やくも膜下出血の時には、場合によって手術も行います。


脳卒中を疑ったら

脳卒中と救急車の呼び方

すぐに救急車を呼びましょう。具合の悪くなった時刻を、救急隊に教えてください。自家用車やタクシーで病院に行くと時間がかかってしまい、状態が悪くなります。脳卒中は寝ていても治りません

 

「急にいびきをかいたら、動かしてはダメ」という言い伝えは、昔のものですぐずぐずして時間を無駄にすると、その後一生後悔をすることになります

 

本人は「大丈夫」と病院に行くのを嫌がることがよくありますが、周りの人の判断で、無理にでも救急車を呼びましょう。また、麻痺などが良くなっても、必ず病院にすぐ行ってください。脳卒中の前兆かもしれません


脳卒中の予防

脳卒中と救急車の呼び方

1)血圧コントロール
病院での血圧が140/90mmHg以上になると、脳卒中になる確率が増えます。現在治療中の人は、治療を継続しましょう。

 

高血圧については、こちらをご覧ください。
→高血圧外来

 

脳卒中と救急車の呼び方

2)禁煙
タバコは脳卒中を増やし、禁煙はその危険性を下げます。

 

禁煙については、こちらをご覧ください。
→禁煙成功の3つのコツ

 

脳卒中と救急車の呼び方

3)定期的な運動
運動習慣のある人は、ない人より6割程度脳卒中の危険度が少なくなります。

 

4)健康診断をきちんと受ける
脳卒中の危険を高める高血圧、糖尿病、高コレステロール血症、心房細動(不整脈)を早めに見つけ、早めに治療しましょう。

 

脳卒中と救急車の呼び方

5)サケを控える
サケの量が増えると、脳卒中の危険も増えます。適量は日本酒換算で1合未満です。

 

6)太りすぎの解消
太りすぎは、動脈硬化を早く進め、脳卒中の原因となります。


脳卒中は一旦起きてしまうと、その後の生活がとても大変になります。おかしいと思ったらすぐに救急車を呼びましょう。また、予防に勝る治療はありません。生活習慣を見直し、脳卒中を起こさないようにすることが大切です。

救急車の呼び方

脳卒中と救急車の呼び方

119番に電話すると

 

電話口では通信員が、次のように対応します。落ち着いて、ゆっくり話しましょう

 

脳卒中と救急車の呼び方